リスクを回避するために

Common drugs

膣やその周辺にかゆみや腫れを感じたら、それはカンジダの症状かもしれませんね。早めに婦人科を受診するのがおすすめです。カンジダは、他の感染症とは異なり性交渉の経験がなくても発症する病気です。免疫力の向上などにより自然に治る場合もありますが、治りきらない場合も良くあります。放っておくと悪化して他の病気を発症してしまうこともあるため、早めの治療が肝心です。婦人科を受診すれば数千円の費用はかかりますが、しっかりと治療をすることができます。また、きちんと治療することで、再発のリスクを低減することも可能です。それでも再発した場合には市販薬を利用するという手段もあります。市販薬ならば、数百円程度で購入できるため経済的な負担が少なく、手軽に利用できます。

カンジダの市販薬はドラッグストアーをはじめとして、ネット通販でも比較的安価で購入することができます。けれども、あくまで再発時の症状改善をするための薬として販売されています。初めてり患した場合は、医療機関を受診するのが最善でしょう。また、症状の緩和は可能ですが、完治できない場合もあります。そのため、治りきらない場合はやはり医療機関を受診すると良いでしょう。どうしても医療機関を受診できない場合は、個人輸入という手段もありますが、費用面では負担が大きくなりがちなので注意が必要です。カンジダはちょっとした体調の変化でも起こりやすくなります。早めに治療をはじめることで、経済的な負担を抑えることにもつながります。